丹羽孝希(卓球)は小さいけど身長は何センチ?トップ選手の身長と比較!

東京オリンピックの卓球男子シングル代表丹羽孝希選手はイケメンですよね!

でも他の選手に比べるとちょっと小さく(背が低く)見えますよね。

今回は気になる丹羽孝希選手の身長についてと、身長と世界ランクとの関係性ついても調べてみました!

丹羽孝希は小さく(背が低く)みえるけど身長は何センチ?


ずばり、丹羽孝希選手の身長は162センチです。

丹羽孝希選手は1994年10月生まれの、現在26歳です。

世界ランキング17位です。

小学校低学年の頃から全国トップクラスで活躍していた、有名な選手です。


日本人男性の平均身長と他の日本代表の身長


令和元年度の調査では、日本人男性の平均身長は170.6 cmだそうです。

丹羽選手の身長は平均身長より約8cm低いということになります。


同じ卓球日本代表の水谷隼 (32) 選手世界ランキング18位で172 cmです。

また、張本智和 (18) 選手世界ランキング4位で178 cmです。

前回のリオ・オリンピックの男子卓球の代表の身長はどうだったの?


前回のリオ・オリンピック時の男子卓球の日本代表の平均身長は170.3 cmでした。

この時は男子団体(水谷 隼、丹羽 孝希、吉村 真晴)は銀メダルを獲得しました。


世界の一流卓球選手の身長と中国代表の身長


近年の世界の一流卓球選手を見ると、近年は高身長のプレーヤーが増えており、

長身から鋭いドライブを打ち込めるプレーヤーが活躍しています。


世界ランキング20位までの男性選手の中には、身長190 cm以上が9名もいます。

世界のトップランカーはほぼ170cm以上です。

東京五輪の中国卓球男子代表の世界ランキングと身長


・世界ランキング1位

樊振東(ファンジェンドン)24歳 173 cm


・世界ランキング2位

許昕(シュシン)31歳 181 cm

・世界ランキング3位
馬龍(マロン)32歳 176 cm

まとめ


今回は丹羽孝希選手の身長と世界トップランカーとの比較をしてみました。

丹羽孝希選手の身長は162センチでした。

結論としては卓球の世界では活躍できるのは170cm以上ないと厳しいようですね。

あとは技術力でカバーするしかないようですね。

やっぱりスポーツは身長が高いほうが有利ということですかね。

でも丹羽孝希選手の活躍を信じております。

丹羽選手、常識をひっくり返せ!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。