犬山紙子の旦那は誰?夫の仕事はなに?逆転婚・夫婦って本当なの?

『物事をはっきり言う毒舌のコメンテーター』として人気の高い作家の犬山紙子さん!

「プレバト!!」の俳句部門では番組史上最大の下剋上を果たすなど今、注目度の高い方ですね。

犬山紙子さんは私生活では『逆転婚』を実践されているそうです。

気になる犬山紙子さんの旦那様や『逆転婚』の実際を調査しました。

今回は、犬山紙子さんの旦那さんが誰なのか、そして旦那さんの仕事、馴れ初めと『逆転婚』について、詳しく調べてみました!

スポンサーリンク1



犬山紙子は結婚してるの?旦那は誰?夫の仕事はなに?


犬山紙子さんは2014年に結婚されています!

旦那さんの名前は劔 樹人(つるぎ みきと)さんです。

劔さんは1979年新潟県生まれ。

学歴:新潟県立新潟高等学校卒業、
   大阪市立大学卒業

 

職業:漫画家、ベーシスト

2008年、ダブ・エレクトロユニット「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシスト。

2009年にはマネージャーや音楽プロデュース業の活動を開始。

所属:「狼の墓場プロダクション」


2014年、漫画家デビュー

著書:「高校生のブルース」
   「今日も妻のくつ下は、片方ない。妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました」

 

お子様は現在、4歳の女の子がひとりいらっしゃるようです。

スポンサーリンク2




犬山紙子と旦那の劔との出会いと馴れ初めは


犬山紙子さんが阿佐ヶ谷でトークイベントをしていたときだそうです。

たまたま会場の近くの会社に勤めていた劔さんが立寄ってくれたのが出会いでした。

そこに共通の友人がいて紹介されたそうです。

劔さんの初対面の犬山さんの印象は“キツそうな印象”だったそうです。

逆に犬山さんの劔さんの印象はというと、
“謙虚な男性がタイプ”だという犬山さんは、礼儀正しい劔さんの振る舞いはとても好印象だったそうです。

また、劔さんの才能溢れる点にますます興味を持つようになったそうです。

恋の告白!!


一度目の告白は犬山さんの方から劔さんにしたそうです。



「僕みたいなものが恐れ多い」
と一度目は劔さんから断られたそうです。

犬山さんは劔さんの断った真意がわからなかったそうです。


これは「もうひと押し」と思い、翌日に2度目の告白!

これが決め手となり、付き合いはじめてすぐに同棲をはじめられたそうです。

相手の気持なんてお構いなしの犬山紙子さんらしい押しですねw

結婚のプロポーズ!!


犬山紙子さんはまわりから『早く結婚しろ』と言われていたそうです。

犬山さんにとって、この事がかなりストレスだったそうです。

犬山さんはすでに「劔さんのいない人生は考えられない」と思っていました。

周囲の「早く結婚しろ」の野次にうんざりした犬山さんが、

怒りながら劔さんに電話でプロポーズしたそうです。

その電話口で、式の日取りまで全部決めてしまったそうです。

劔さんにしてみれば、それくらいトントン拍子で楽だったそうです。

お付合いの告白も、結婚のプロポーズも、すべて犬山さんからのアプローチだったんですね!

スポンサーリンク3



犬山紙子夫婦は『逆転婚』


犬山紙子さんと劔の夫婦関係は『逆転婚』とされています!

この事はおふたりも『逆転婚』お認めになっています!

「逆転婚」とは

「結婚は夫と妻のお金のつながりで成立している」という日本の古典的な考えを逆転させる発想のこと。なぜ自分たちが一緒に暮らしているのかを知っている新しい男と女のあり方を提案する。

2000年11月に石井苗子さんが出版された著書「逆転婚」で紹介されました。


結婚当時、
バリバリと働く妻の犬山紙子さんが家賃と生活費を担当夫の劔さんは家事担当犬山さんがお願いできないかと提案したのが始まりだったそうです。

日本人の一般的な常識であり、多くの人が思い描く“男は外で仕事、女は内で主婦業”とは逆行している夫婦関係の「逆転婚」

そんな「逆転婚」をうまくこなしている作家の犬山紙子さんと、ベーシストで漫画家の劔樹人さんご夫婦。

劔樹人さんの漫画では家事をほとんど担当する夫と、一家の大黒柱としてパワフルに仕事をこなす妻が描かれています。

スポンサーリンク4




まとめ


今回は「犬山紙子の旦那は誰?夫の仕事はなに?逆転婚の夫婦って本当なの?」について詳しく調べてみました!

イメージとおり積極的な犬山紙子さんと、どちらかと言えば常に受け身のご主人の劔樹人さん!

女性が外でバリバリ働いて、旦那が家で専業主夫業。

今は、認知されてきましたが、一昔前の常識の中では一風変わった関係。

そこには『逆転婚』とされながら幸せでバランスの取れた家庭がありました。

おふたりはとても仲睦まじそうですね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。